interview_top

いつも、It Mamaでステキな記事を執筆頂いている、ライターのみなさまにインタビューする特集がスタートいたします!

普段の記事からは伝えきれない、It Mamaで活躍中のライターのみなさまの魅力をご紹介したいと思います。

今回は、第1弾として、美人姉妹ライターとして活躍中のビューティサロン支配人の姉である鎌田薫さんと、助産師である妹の伊藤麻衣子さん。

普段の考えや、お二人で活動されている『ヒルズブ!』の様子まで丸っとお届けしたいと思います!

 

―これまでのキャリアを教えてください。

鎌田さん:今の会社は3社目になるんですけど、1社目は生命保険会社で総合職をしていました。3年働いた頃に自分のやりたいことしていきたいという思いから、リクルートに転職をし、『HOT PEPPER beauty』の立ち上げをしました。

その縁でビューティーサロンのクライアント様に関わることができまして、その中で今働いているサロンの社長とご縁があり、現在は六本木ヒルズのサロン『ハリウッドビューティサロン』の支配人として働いています。

kamata01

伊藤さん:もともと看護師を目指していました。ですが、その当時はまだ“なりたい”という気持ちが足りなくて、人のためになにかできないかって考えて、東京農大でお米の研究をしていました。

その後、周りの友人の農業で世界を救いたいという熱い思いに刺激を受け、“私は看護師になり人を救いたい」と思うようになりました。”人の“生”と“死”に関わりたくて内科と不妊治療の病棟で働いて、命が絶えること、宿ること、育っていくことを知ることができ、そして、助産師の資格を取りました。

 いまは、産後病棟で働いています。

ito01

 

―ご自身の強みと最近のキャリアについてお教えいただけますか?

鎌田さん:よく周りに言われるのは、「ないものをどんどんスタートさせていけるよね。ないものはどんどん作っちゃおう!っていう行動力がある人だよね。」とは言われます。

最近やっていることは六本木ヒルズで働いている方が中心となった3,000人のコミュニティー『ヒルズブ!』の“ママ部”という部活の部長です。

1948161_793774857367478_2432900560232943030_n-500x333

現在約130人の部員がいて、その中で、ママのためになるレッスン活動をやっています。

例えば、ヨガレッスンだったりとか、お片付けレッスンとか、ママのお役立ちになるような様々なレッスンをやっています。

伊藤さん:人のために何かやっているときが幸せっていうのがあって、人と人を繋げて何か化学反応がおこることを常に考えています。周りの人を繋げて楽しませていくのが、自分の強みかな。

姉に誘われて私もヒルズブでいくつか部活をやらせていただいています。その他にも友人と“Roppongi Walking Club”というコミュニティを作り、綺麗な歩き方、立ち振る舞いについて学んでいます。

FullSizeRender (5)

最近は、姉と一緒に姉妹ブログ『新米ママ(姉)と助産師(妹)のGOGO育児』をやらせてもらっていて、助産師って病院で働いているイメージがあるのですが、外に発信していける人になりたいなって思っています。

今は主に子育ての楽しさについてお伝えしていますが、子育てで不安になっている人をたくさん見てきているので、その前に知っておくことって大事だなって思っていて、そういうことをお伝えしていける存在になりたいと思ってます。

将来的には、妊娠前とか妊娠中の方に子育ての予習ができるような情報を発信していきたいと思っています。

 

―(鎌田さん)ママになってよかったことってありますか?

鎌田さん:「出来なくなることが多い」って思って敬遠してたんですけど、逆にママになってできるようになったことが多いなって思います。

例えば、この『It Mama』のライターもママになったからこそご縁を頂いてママの観点で書いてください。って言ってもらえたりとか。

あと、仕事が本当に好きで、仕事ばっかりの人生だったので、仕事でしか繋がりがない友達は、どこか縁が薄く感じて寂しいと思っていました。

でも、ママになったら仕事に関係なく、“ママ”っていうことを通していろんな方とお話しができるようになって。

共通の話題があるので、いろんな仕事の方とも出会えるようになって、ママになってからのほうが世界が広がった気がします。

 

―最後に『It Mama』の魅力と読者に発信していきたい事を簡単に教えてください

鎌田さん:自分自身もすごく勉強になることが多くて、今日もライター交流会でライターさんたちにお会いしたんですが、こういう素敵な方が発信してくれているからこそ、素敵なサイトになっていくんだな。と感じました。

writer01

私自身は、美容の関連の仕事をしているので美容の記事を出していたりとか、初めての子育てでどういう子育てをしたら楽しめるかなどを発信していければと。

「育児って大変」っていうイメージがあるんですが、楽しい育児ってあるんだよ、楽しい育児ライフってこんなんだよっていう情報を発信していきたいです。

 

伊藤さん:専門家ライターの私自身、「あーそうなんだ」って思うことがすごく多くて、記事1つ1つとっても勉強になるなっています。

今日お会いした方々も、お子さんいるのにいろんな事をされている素敵な方ばかりで、そんな素敵な方と合わせて頂けたIt Mamaさんにはすごく感謝しています。

これからやりたいことは、姉のように子育てが楽しいって思える人が増えるように、産前に伝えられることを伝えて、子育てが楽しくなる情報を一つでも多く発信していけたらなって思います。

 

kamata

人気TOP1: 思わず涙ホロリ…!出産後のお疲れママを救った「夫の神対応」エピソード3選

人気TOP2: ハリウッドセレブも大好き!日本でも流行中の「ベビーシャワー」で喜ばれるプレゼント3選♡

人気TOP3: へ~そうなんだ!美容のプロが教える「シートパック」を効果的に使いこなす4つのポイント

 

ito_banner

人気TOP1: 逆に「体型崩れ」の原因になるのでしてはいけない、出産後にやりがちNG行動3つ

人気TOP2: 【妊婦健診】医師に言われて「不安になる一言」4選と助産師が教える対処法

人気TOP3: 助産師が教える!新米ママが知っておきたい「0歳児の予防接種」基本のキ

 

次回Vol.2はヨガインストラクターで1児のママ、Yunoさんのインタビューをお届けします!

LINEで送る