要チェック!将来「お金持ちになれる」子どもの口癖10個

要チェック!将来「お金持ちになれる」子どもの口癖5つ
source:https://www.shutterstock.com/

将来、子どもにはお金に苦労してほしくないですよね。むしろ、できればお金持ちになってほしいものです。

そこで、親として知ってほしいのが、“お金持ちになれる言葉”。この言葉を口癖にすると、お金が寄ってくるようになります。以下に10個ご紹介するので、子どもに小さい頃から耳がタコにできるくらい聞かせて、伝染してしまいましょう!

 

できるだけ前向きな言葉を口癖にする

医学博士・佐藤富雄氏は、「言語習慣を変えれば、思考習慣も変化します。つまり“口ぐせ”を変えることで性格も変えることができるのです」と主張しています。

「お金持ちになりたい」と思っていても、後ろ暗い性格では挫折してしまいます。そのため、前向きな言葉を口癖にして明るい性格になることが重要といえます。

佐藤氏の著書『たった3年で楽しいお金持ちになる方法』によると、以下のような前向きな言葉がいいそうです。

(1)運がいい

この言葉を口にして、何事も楽しくてポジティブなものだという思考習慣をつけると、変化や挑戦を恐れなくなります。

(2)ありがとう

何事にも感謝することが大事です。例え相手への感謝の言葉も、発生している自分への感謝の気持ちとなり、どんどん自分に自信がつくようになります。

(3)いい一日だった

「いい一日だった」とつぶやけば、その日一日がいい日だったと脳が記憶します。今を幸せと感じると、将来も必ず幸せになれます。

 

明るい気分になれる言葉を口癖にする

前向きな言葉は、口にすると明るい気分になります。すると、余裕ができて、お金に愛されるようになります。そんな言葉は、まだまだあります。

佐藤氏の別の著書『魔法のアファメーション』では、以下のような言葉も声に出した方がいいと書かれています。

(4)うれしい、楽しい、気持ちいい

これは子どもの前で積極的に使いたい言葉ですね。やっぱり、ママが楽しくしていると子どももそれにつられます。

(5)幸せいっぱい、夢いっぱい

子どもは、無暗に不安を煽ると臆病な性格になります。何かに怯えているときなど、こういった言葉をかけてあげてください。

(6)毎日ステキなことばかり

ちょっと嫌なことがあって落ち込む日があっても、それは大してことじゃありません。毎日、新しい発見があります。世の中はステキなことでいっぱいなのです。

(7)ラッキーラッキー大ラッキー

ちょっとしたラッキーなことがあったら、大ラッキーだと大げさに喜んでみましょう。

 

楽観的な余裕のある言葉を口癖にする

悩み解決&幸せ生活向上サイト『HappyLifeStyle』では、以下の3つも口癖にするのもいいとのこと。

要は、楽観的な言葉を選ぶべきなのです。すると、何事も良い方に考えられるようになり、世の中を肯定的にとらえることができます。

世の中の流れに反すれば、苦労します。そんな無駄な苦労をせず、物事をうまく進められるようになれば将来、成功しやすいです。

(8)まぁ、大丈夫だろう

否定語より、肯定語を使うことが重要。子どもの前では「大丈夫、大丈夫」と口にするといいでしょう。

(9)なんとかなるだろう

こちらは、「なんとかなるよ」と言い換えて使うといいです。困ったことがあって慌てるより、安心できます。

(10)そのときは、そのとき

もし物事が悪い方向に進んだら……? そんなことは、そのときに考えればいいのです。先のことでむやみに不安になる必要はありません。

いかがでしたか? 中には、普段あまり口にしないものや、ちょっと口にするのが恥ずかしいものもありますね。でも、子どもの将来を思うなら、意識して口癖にしてみては?

 

【参考・画像】

※ 佐藤富雄(2008)『たった3年で楽しいお金持ちになる方法』 朝日新聞出版

※ 佐藤富雄(2005)『魔法のアファメーション』 ゴマブックス

※ 楽観的な性格は、お金にも愛される。 – HappyLifeStyle

※ pikselstock / Shutterstock

【関連記事】

【100万円なんて当たり前】マネーのプロがこっそり教える!ママが賢く「へそくり」を貯める方法3つ

2歳からのマネー教育!子どもの金銭感覚に影響を与えているものとは

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

ベストショット自動選定♪上質フォトアルバムが「最短10分」で完成の神アプリ[PR]

ドバっと抜ける髪… 産後より気になるママ達におすすめの抜け毛・白髪対策方法は?[PR]

(2013年5月13日の記事を再掲載しています)

LINEで送る