赤ちゃんが泣きやまない?そんな時に有効な「胎内環境再現」5つの方法

source:http://www.shutterstock.com/

赤ちゃんにとって、泣くことは生きることと同義と言えます。なぜなら、産まれてすぐは肺呼吸を始めるために泣くからです。

そうして成長と共に言葉を知らない赤ちゃんは、寒い、暑い、気持ち悪い、抱っこしてほしい、など自分の感情を強く訴えるために、唯一の伝達手段として泣きます。

そんな大事なことと分かっていつつも、あんまり長時間泣き続けるのは心配になってしまいますよね。ママも疲弊してしまいます。

そこで今回は、子育てアドバイザーであり四児の母である筆者が、“赤ちゃんを泣き止ませる5つの方法”をお伝えします!

 

■泣き止まない赤ちゃんには「胎内環境に似た状況」を作るのが効果的

赤ちゃんは妊娠28週頃から聴力が完成し、正産期37週までお腹の中で様々な音を聞き取っています。

39週で産まれるとすると、約10週もの間、お腹の中で、ママの声や、パパや兄弟姉妹の声を聞いているということです。 赤ちゃんが泣きに泣いて、もうどうしてそんなに泣いているのか本人にもよく分かっていない……。

そんなとき。胎内で慣れ親しんだ音や状況を再現してあげると、不思議と泣き止むのです。

 

LINEで送る