将来「生意気な子ども」に育つ!? 気を付けたい親のNG習慣4つ

DGLimages / Shutterstock
DGLimages / Shutterstock

大人の真似をしてバッグを持ったり、コーディネートを考えてみたり。また、ママのような口調で弟妹を優しくたしなめるなど、小さな子がおませな仕草を見せるのは微笑ましいもの。

でも度が過ぎるてしまい、“ナマイキ”の領域に入ってしまうのは考えものです。

今回は子育てアドバイザーであり、四児の母である筆者が、“おませな子の特徴と、子どもらしさを育む育て方”についてお伝えします。

 

おませな子ではなく、「生意気な子」の特徴

(1)分かったフリをする

やたらと「それ、知ってる」などと合いの手を挟むのは、会話の潤滑油とは言えません。むしろ話し手の話す気を削いでしまう行為です。

両親なら、許されることも、成長した時にそのクセがついてしまうことは避けたいですよね。

(2)相手を言い負かそうとする

自分の正しさを主張して、相手を言い負かそうとするのは、実は自信のない証拠です。

彼(女)が、大人に対して勝たなくてはならない理由は一体何なのか、観察して考える必要があるかもしれません。

(3)計算で泣いたり、相手に甘えたりする

相手から自分に向けて発せられる、ある反応や行動を期待しての行為は、本当は小さな子がする必要はないものです。

なぜなら、子どもこそが、周りに合わせてもらう自由気侭な存在なのですから。

 

 

LINEで送る