今注目の「マタニティ旅行」、知っておきたいリスクと気をつけたい4つのこと

Yarkovoy / Shutterstock

暖かい日が多くなり、おでかけが楽しい季節になってきました。

「安定期に入ったし、本格的な子育てに入る前に、ちょっと旅行でも行きたいなあ……」と思っているプレママも多いのではないでしょうか。新婚旅行に行く前に妊娠したプレママなら、「子どもが産まれる前に新婚旅行を……」という思いも芽生えますよね。

“マタ旅”(マタニティ旅行)という言葉もここ数年、トレンド化しつつあります。各種旅行会社やホテルで“マタニティプラン”というものも多数あり、妊娠中の旅行は一昔前と比べてずいぶん行きやすくなりました。

でも、“マタ旅”には、危険も伴います。“マタ旅”をするなら、知っておいたほうが良いこと、考えておきたいことがたくさんあります。

そこで今回は、“マタ旅のリスクと気をつけたい4つのこと”についてお伝えします。

 

■「マタ旅」のリスクとは?

(1)流産や早産の恐れ

安定期と言っても、“胎盤ができて、つわりなどの症状が楽になり、妊娠中の間では比較的活動的に動ける期間”というだけで、当然ですが絶対安全なわけではありません。安定期中の旅行で、早産や流産、緊急手術となってしまった例も実際にあります。「国内なら大丈夫では?」と考える人も多いかもしれませんが、妊娠中の旅行は、たとえ国内でもなにが起こるかわかりません。

(2)高額な医療費請求の恐れ

海外に行った場合、もしそこで入院や出産となったら、健康保険が適用されず、莫大な医療費がかかることになります。特に、旅行先として人気のハワイなど、欧米諸国は医療費が高いことで有名です。場合によっては、数千万円ほど請求されることもあり得ます。海外旅行保険も、出産や早産、流産に関しては適用されないものがほとんどなので、なにかあった場合はすべて自己負担ということになります。

(3)感染症や病気の恐れ

今、ブラジルなど南米を中心に流行している“ジカウィルス”。これはジカウィルスを持った蚊がヒトを吸血することで感染するのですが、妊娠中にジカウィルスに感染すると、小頭症などの先天性障害を起こす可能性があると言われています。 ジカウィルスはブラジルだけでなく、アフリカ、中南米、タイなどのアジア太平洋地域でも流行しています。

LINEで送る