不妊症になる前にチェックしたい「子宮内膜症」の原因とサイン

“子宮内膜症”とは、何らかの原因によって子宮内膜の細胞が、子宮の内腔以外に発生してしまうようなものを言います。元々は子宮内膜と似た組織ですから、女性ホルモンの作用によって発生した部分の内膜が増殖してしまいます。

基本的に女性器で発生することが多いものですから、部位として卵巣や膣、外陰部にできてしまうこともあります。それ以外にも直腸、腹壁など女性器以外で発生してしまうこともあります。

特に卵巣でこの子宮内膜症が発症してしまうと、チョコレート嚢胞(のうほう)と言う形で存在することがあるために不妊症となってしまう可能性も否定できません。

今回は、予防医学に精通する医学博士の筆者が“子宮内膜症の原因とサイン”についてお話します。

LINEで送る