夜泣きにお悩み中のママ必見!アロマの力で「赤ちゃんをぐっすり寝かせる」方法

Poter_N / Shutterstock

Poter_N / Shutterstock
Poter_N / Shutterstock

3月に入り寒暖差が激しく、ママも赤ちゃんも体調を崩されることが多いようです。そんな中、筆者のサロンで最近よくご相談を受けるのが、お子様の“夜泣き”です。

生後半年頃から1歳半ぐらいの赤ちゃんにみられる、昼間はとても元気に遊んで、寝る前までは機嫌も悪くなかったのに、夜中になって急に泣きだし、いろいろやっても泣き止まないという状態は、この時期の赤ちゃんに多く見受けられます。理由がわからないことが多く、中には深く悩んでしまうママも……。

そこで今回はセラピストである筆者が、赤ちゃんだけでなく、ママもリラックスやリフレッシュできるので一石二鳥な“アロマ(香り)の力で夜泣きを緩和する方法”について、お教えします。

 

赤ちゃんの夜泣きの理由と、アロマが夜泣きに効く理由

夜泣きの理由は不明の事が多く、原因を確定できていないが現状です。

一般的には、赤ちゃんは怖い夢などみて、不安、また興奮状態にあるときに起こると言われています。ですので、不安や興奮を取り除いてあげることが、夜泣きを止めることになると考えられます。

ではなぜ、アロマが夜泣きを軽減してくれるのでしょうか? それは、“嗅覚は感情と直結しているため”です。

嗅覚は他の感覚と異なりダイレクトに脳に働きかけます。その働きかける場所が人間の本能をつかさどる“大脳辺縁系”といわれており、記憶と感情にくわえ、自律神経やホルモンに大きく影響するといわれています。

ですので、アロマ(香り)で嗅覚を刺激し、感情を抑制、リラックスさせ赤ちゃんの夜泣きを軽減することが出来るのです。

 

LINEで送る