少食の子に「食べるプレッシャー」を与えずに必要な栄養を摂らせる作戦3つ

320738528

320738528

食が細い子どもに対して「食べなきゃ、大きくなれないわよ!」と半ば脅し気味に無理やり食べさせようとしていませんか? それでは逆効果です。食べることにプレッシャーを感じてしまい、余計に食べられなくなってしまったり、食事がおいしく感じられなくなったりしてしまいます。

心配な気持ちは分かりますが、焦ってたくさん食べさせなくても大丈夫。料理や食べさせ方の工夫で、食の細い子どもでも必要なエネルギーを摂取しやすい環境を整えてあげることができます。

 

■1:「良質な糖質&脂質」でカロリーアップするには?

「もっと栄養をつけなくちゃ」と脂質や糖質たっぷりの食事を増やしてカロリーを無理にアップさせると、胃もたれや代謝の低下を招いて余計に食べられなくなってしまいます。

そこで、えごま油やオリーブオイル、ごま油、青魚の脂質など、質が良く代謝をアップさせる効果の期待できる脂質を上手に組み込んで、無理なくカロリーアップさせる方法をおすすめします。エネルギー源である糖質の摂取には、ビタミン・ミネラルの多い“果物”が適しています。

 

■2:食事の栄養価を高めるヒントは「色」にあり!

少量でも十分な栄養素を摂取できるようにすれば、食が細くても成長に必要な栄養素が不足することはありません。量だけに注目するのではなく、食事の栄養価を高める工夫を取り入れることが大切です。

とはいえ、何にどんな栄養素が含まれているのかを全て覚えるのは大変ですよね。そんな場合は、食材の“色”に注目しましょう。

野菜に含まれるビタミン・ミネラルなどの栄養素は、野菜の鮮さを生み出す“色素”に含まれています。できるだけ様々な色を組み合わせるように意識して食材を選ぶと、自然と豊富な栄養素を摂取できるようになりますよ。

LINEで送る