赤ちゃんがいると離婚率が高くなる!? 「夫を攻撃したくなる」妻の心理を理解して!

329714048

329714048

今や1分49秒間に一組のカップルが離婚していると言われています。保育園、幼稚園でもひとり親の“訳あり家庭”に配慮して父の日、母の日を失くす園まで出てきています。先日放送され、ママの反響が高かったNHKスペシャル『ママ達が非常事態、最新科学で迫るニッポンの子育て』の中で紹介された全国母子世帯調査によれば、子どもが0歳~2歳の離婚率は最も高いとのこと。

実は、赤ちゃんがいると離婚率が高くなるのは科学的根拠があるのです。

今日は『一人で出来る子が育つテキトー母さん』の著者立石美津子がお話します。

 

■「オキシトシン」の困った働き

同番組内でも紹介されましたが、出産を終えた母親からは大量に“オキシトシン”というホルモンが出ます。授乳をしたり抱っこしたりするときに出るいわゆる“愛情ホルモン”です。そうなると本来“夫に対しても今までよりも、更に愛情をよりかけられる”と思いますよね。

でも、このホルモンは同時に“他者に対して赤ちゃんを守ろうとする攻撃性”として表れるのだそうです。

LINEで送る