見落としがちな「洗濯洗剤」も要チェック!子供のアレルギー要因と検査費用

23033920

子供に赤い湿疹ができたり、鼻水やくしゃみがとまらない症状が出ると、気になるのが“アレルギー”。昔に比べるとアレルギーの子どもは急増しており、少しの症状で「まさかうちの子も……!?」と心配になるママも多いはず。

「費用はどれくらい?」「いつからできるの?」など、ママの素朴な疑問についてまとめてみましたのでご紹介します。

 

■アレルギー検査にかかる費用は?

乳幼児医療費助成制度を受けている方は、病院で医療証を提示すれば無料になり、アレルギー検査もほとんどの場合これが適用されるかと思います。ただし、症状が出ていなくて、「ただ気になるから検査して欲しい」などという理由の場合には適用外になる可能性があります。

この場合、血液検査は5,000円~7,000円くらい、皮膚に針で傷をつけてその部分にアレルゲンをつけて様子をみるプリックテストはもう少し安価のようです。

筆者の娘の場合、症状がでていた時に小児科で聞いたところ、医療証で無料になるということと、まずはお医者さんの診断が必要になり、必要な場合にだけ検査ができるということを教えていただきました。

 

■検査はどれくらいの月齢から受けられる?

基本的には4ヶ月~5ヶ月あたりから受けられるようですが、血液検査では思っている以上に大量の血を抜かれます。できたら早くても半年を過ぎたあたりからにして、どうしても症状が出ている場合のみにしましょう。

というのも、赤ちゃんの血管はとても細く、採血にとても時間がかかるのです。医院によってはママは別室に案内されることもあり、赤ちゃんが隣の部屋で大泣きしているのを聞きながら10分位待たなければならず、ママとしてはとても不安で心配な気持ちになります。赤ちゃんの身体と心にも負担を与えてしまいます。

調べられるアレルゲンが限られると思いますが、プリックテストの方が負担は少ないのかもしれません。ですが、今現在の主流は血液検査となっています。

まずはお医者さんに、どんな症状があるのかを具体的にお話して、どのタイプの検査をするべきか相談してみましょう。

LINEで送る