将来「正しい敬語」を使えなくなっちゃう!? 幼児期に聞かせたくない親のNG言葉遣い

レストランで接客係の人がお客さんに「どうぞ頂いてください」、学校で生徒が先生に「先生が申しました○○の件なんですけれど……」と言いました。なんだか少し変だと感じませんか? これを変だと気が付かない人はちょっと恥ずかしい敬語を使っているかもしれません。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が“幼児期に敬語をどう教えるか”についてお話ししたいと思います。

 

■使い分けたい!3種類の言葉遣い

敬語には3つあります。

(1)尊敬語・・・相手または相手に関係のある人や持ち物・状態・動作を敬って使う言葉

(2)謙譲語・・・自分または自分に関係のある人や持ち物・状態・動作をへりくだって使う言葉

(3)丁寧語・・・“です・ます調”言葉自体を丁寧に言う

これらを自分と相手との人間関係(立場の違い、年齢など)により微妙に使い分けなくてはなりません。日本語って本当に難しいですよね。

LINEで送る