卵子凍結保存での「妊娠成功率」ってどのくらい? 年齢で変わる不妊治療の助成費事情

12238345

晩婚化が進むと同時に、出産も高齢化がかなり進んでいます。高齢出産では出産のリスクが高まると言われていますが、「だからと言って今は仕事があるし、今すぐ結婚・妊娠なんて考えられない」という方は“卵子凍結保存”を考える方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今日は、予防医学に詳しい医学博士 川上先生監修の元、卵子凍結保存による妊娠の確率や不妊治療の助成金などについてお伝えします。

 

■不妊に悩む人は実際どれくらいいるの?

ご存知の通り、高齢になるにつれて妊娠する確率が低くなってしまいます。

全体の不妊人口も年々増えており、体外受精による出生時数からもその傾向がみてとれます。日本産婦人科学会の集計によれば、2005年(19,112人)から2010年(28,945人)で体外受精による出生児数が約1万人増加し、全体の総出生児数に対する体外受精児の割合は1.8%から2.7%へといずれも増加しています。

また、国立社会保障・人口問題研究所の調べでは、不妊を心配したことがある(または現在心配している)夫婦の割合は31.1%、子どものいない夫婦ではこの割合は52.2%にのぼるとされています。

また、実際に不妊の検査や治療を受けたことがある(または現在受けている)夫婦は全体で16.4%、子どものいない夫婦では28.6%という結果が出ています。

総合的にみると、不妊を心配したことのある夫婦は3割、子供のいない夫婦では半数という結果でした。

LINEで送る