産後で気が抜けちゃってる?ママ必見「若返りホルモン」の増やし方

253872553

女性は出産すると落ち着いて見られると言います。裏を返せば“老けて”見られてしまうともとれます。これは、出産と同時にそれまでの妊娠期間の不安と楽しみが、産後一気に安心感へと変わり、なんだか“気が抜けてしまう”ということが多いためかもしれません。

また、同時に慣れない子育ての忙しさからストレスを感じてしまうことで、体内の女性ホルモンの分泌量に変化が生じ、“女性らしさ”が少なくなってしまうということが考えられます。

そこで今回は、予防医学に詳しい医学博士の筆者が産後のママが若くいられるための秘訣についてお話します。

 

■女性ホルモンが「若返りホルモン」と呼ばれる理由

“女性ホルモン”と言うとどのようなものを想像するでしょうか? 医学的には女性ホルモンと言うものはいくつかのホルモンの総称を言います。

大きく分けると二つ。エストロゲンとプロゲステロンと呼ばれるものです。この二つのホルモンは通常月経周期に合わせて分泌されます。月経が近くなるとお肌が荒れてしまう、イライラしてしまうと言った状況はまだ明確ではないものの、これらのホルモンの分泌量に関係していると言われています。

特にエストロゲンは三種類のホルモンから作られており、これらのホルモンはお肌の細胞に作用し、若返りを促してくれます。また、女性が女性らしくいるためにはこのエストロゲンが必要です。

一般的には“フェロモン”と言うと分かりやすいかもしれません。このようなことから女性ホルモンは総じて“若返りホルモン”とも言われています。

LINEで送る