ココで差がつく!0歳児「予防接種」のギャン泣きがなくなる事前準備って?

無事出産を終えて、乳幼児ママが必ずむかえる一大イベント“予防接種”。ギャン泣きするであろうわが子を連れて、年に何度も予防接種を受けるのはママとしては足が重いもの。

でも、事前の準備をしっかりしておけば、病院で焦ってバタバタすることはありません。実際、1歳児のママである筆者も、事前準備をしっかりするようになってから、当日の予防接種がスムースに乗り切れています。

今日は、現役ママがお教えする、乳幼児ママが押さえておきたい予防接種をスムーズに受けるコツをご紹介します。

 

■当日焦らないための事前準備4つ

(1)接種の予約

多くの小児科は、予防接種と通常の外来の診察時間を分けて設定しています。いきなり行って予防接種を申し込んでも受け付けてもらえません。まずは”かかりつけの小児科”に電話予約をしましょう。

アレルギーや持病のあるお子さんはもちろん、健康なお子さんでもかかりつけの小児科での接種がオススメです。体調不良などで予防接種が予定通りにいかない場合や、接種したあとで子どもの様子が変わった場合、いちばん頼りになるのがかかりつけの小児科です。

(2)事前に問診票に記入

一度予防接種を受けると次回以降の問診票をもらえますので、二回目以降は事前に問診票に記入して行きましょう。“体温”と“保護者のサイン”は当日その場で記入します。

病院に行ったものの体調不良で受けられなくなることもあるので、上記二つは直前まで記入しない方が良いです。

(3)事前に病院の中を確認

0歳児の一番最初の接種は、初めての病院、初めての接種、問診票も未記入で気持ち的に焦ってしまいます。

筆者は初めての接種の日、赤ちゃんをベビーカーで連れて行ったため、抱っこ紐を持っていきませんでした。そのため赤ちゃんを手で抱っこしたまま受付や問診票記入をし、とても困った経験があります。

可能であれば、予防接種の前に問診票をもらいに小児科に行き、合わせて病院の様子も確認しましょう。

ベビーカーを置く場所や赤ちゃんを一時的に寝かせておく場所はあるか、待合室の様子、絵本やおもちゃはあるか、など事前に不安を解消しておくことで当日焦らなくて済みますよ!

(4)持ち物を準備~受付セット~

前日までに、かばんに以下8点の持ち物を入れておきましょう。

1.問診票、診察券、接種券(都道府県によっては割引券やシール)などの必要書類

2.母子健康手帳

3.ガーゼ、ティッシュ

4.着替え

5.おむつ、おしり拭き

6.体温計(使い慣れたもの)

7.飲み物

8.おもちゃや絵本(病院に無い場合もあるので)

子どもを抱っこしていると両手がふさがるので、問診票や診察券がバラバラになっていると大変です。受付で渡す書類をクリアケースなどにまとめた“受付セット”をつくると便利です。

LINEで送る