「陣痛がきたっ」その時に…!うろたえないための事前準備リスト3つ

「あっ!また蹴った!」日に日に大きくなるお腹とよく動くわが子。「もうすぐ会えるのかな」という反面、お産が近づいてくると心配な面もあり、期待と不安が入り混じる日々を過ごすことでしょう。

本番の“その日”を安心して向かえるためにも、事前の準備を念入りにしておきたいものですよね。

そんなママのために、今回は助産師である筆者が“陣痛が起きてから慌てないために、事前にチェックしておきたいこと”についてお話します。

 

■慌てないための事前チェックリスト3つ

みなさん、赤ちゃんを産んでも大丈夫な(良いとされている)時期をご存じですか? 実は出産予定日より3週間前の37週からなのです。よって、準備は予定日ではなく、“37週”を目標にしておきましょう。

また、36週以降から破水に備えて大きめのナプキンを2~3個持ち歩いておくと慌てなくて済むので便利です。

では、いざその日を迎えるにあたって、事前に準備しておきたいことを確認しておきましょう。

 

(1)入院グッズをまとめておく

健診で突然入院になることもあるので、一目瞭然に家族がわかるところに入院バッグを用意しておきましょう。

(2)マタニティタクシー(陣痛タクシー)の事前登録

陣痛や破水で救急車を呼ぶ事態を避けるためにも、事前にタクシーを登録しておきましょう。タクシー会社の“陣痛タクシー”なるサービスがあり、分娩予定の産院にスムーズに行くことができます。

(3)産院施設に電話で伝える内容を見やすいところに貼っておく

陣痛が始まったら、必ず施設に連絡して状況を説明してから入院するようにしましょう。詳しい状況を知らせるために、家族ではなく本人が電話をかけるようにしましょう。

以下が、必要な情報になりますので、すぐに確認できるように冷蔵庫の横など、見やすいところに貼っておきましょう。

・名前

・初産婦or経産婦

・診察券番号

・予定日

・陣痛の様子

・破水の有無

・出血の有無

・最後の外来の内診所見

・自宅から産院までの距離・時間

・胎動の有無

LINEで送る