年パスママが教える!真冬でも「ディズニーランド」を親子で100%楽しむコツ3つ

体の芯から冷えるような寒さが続き、外出も億劫になってしまいがちですが、“ディズニー外出”ともなれば話は別かも!? 子どもも大人も楽しめるディズニーランドとなると季節に問わず外出のテンションも違ってくるのではないでしょうか?

現在、東京ディズニーランドでは2016年1月12日~2016年3月18日まで『アナとエルサのフローズンファンタジー』が、ディズニーシーでは『スウィートダッフィー』と呼ばれるイベントが期間限定で開催されており、この時期ならではのスペシャルパレードやスペシャルフードにグッズなども沢山展開されています。

そこで今回は、年パス所持者でもあり1児のママの筆者が、極寒でもディズニーランドをフルに楽しむコツをご紹介したいと思います。

 

■1:パレード鑑賞の「寒さ対策」はとことんやる!

東京ディズニーランドの今の目玉と言えば、新しくリニューアルされた『フローズンファンタジーパレード』(45分間)です!

その他、定番人気の『ハピネス・イズ・ヒア』や夜の『エレクトリカル・パレード』『ワンス・アポン・ア・タイム』など、観ておきたいパレードやショーが沢山あります。

ですが、やはり真冬の空の下で鑑賞するのには、“万全な寒さ対策とちょっとしたコツ”が必要。まず、昼間のパレードですが、必ず“日向の鑑賞スポット”を探すこと。

以前筆者は、空いているからと日陰に並んでパレードを待っていて、凍えそうになったことがありました。日向で待っていたときは太陽のおかげもあり、比較的暖かく過ごせたので絶対に日向で待つのがオススメです。

そしてパレード鑑賞全般に言えることですが、座ってみる際は必ず薄いレジャーシートだけではなく、“お尻を保護する暖かい敷物”を用意しておきましょう。お尻が直接地面に触れると、いくら昼間であってもかなり冷えますので注意してください。

夜のパレードには、手袋、マフラー、マスク、帽子やブランケットの他に、貼るホッカイロをおへそ下の丹田というツボと、腰下の仙骨と呼ばれる部分に張っておくと大分体感温度が変わるのでぜひ試してみてください。

LINEで送る