冬の適正な室内温度って何度?「0歳児の風邪対策」で気をつけたいこと

朝起きたら、一面の銀世界で心踊ったのも束の間、現実は厳しい冬の到来に鼻をすする日々だったりしますよね。大人でさえこんな状態なのに、赤ちゃんは大丈夫かな……と、心配になるママも多いはず。

今回は、助産師である筆者が、風邪対策に知っておきたい“赤ちゃんに適正な冬の室温と注意したい点”についてお話します。

 

■冬の「着させ過ぎ」に注意!

赤ちゃんって抱っこすると、温かいですよね。大人より約1度体温が高く、平均的な体温は36.5~37.5度なのです。

体温調節機能は、とても未熟なため、生まれたばかりの赤ちゃんは熱が下がりやすいのですが、数日すると熱が高くなりやすくなったりもします。なので、大人は寒いと思っても、体温が高めの赤ちゃんは汗をかいていることもあるのです。

ママが判断に迷うときは、背中に手をいれてチェックしましょう。手足が冷たくても顔色がよく、背中が温かければ問題ありません。

着させすぎてしまうと、汗をかいて反対に体が冷えたり、あせもなどの皮膚トラブルにもつながるので注意してくださいね。

LINEで送る