原因は「親」にあり?子どもが問題行動を起こす理由3つ

何度叱っても、病院の待合室で騒いだリ、お友達を叩いたりと、周りに対して迷惑行為をする子どもがいます。そんな子を持つママは肩身の狭い思いをしながら日々、しんどい子育てをしていることと思います。

ですが、その問題行動には必ず“原因”があり、原因に応じた対処法があります。

そこで、今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が“問題行動の多い子どもの原因と育て方”についてお話します。

 

■「厳しすぎる対応」は事態を悪化させるだけ

子どもに言うことを聞かせようとして厳しくすればするほど、事態は悪化するだけです。

親が大声を出して叱ったり、叩いたりすれば、子どもはまだ弱い存在ですので“叩かれると痛いから”“ママが怖いから”言うことを聞いて従います。

けれども、親が暴力、暴言により子どもをコントロールしている姿を通して、子どもは“相手を自分の思い通りに動かすには親の真似をすればいいんだ”と学習してしまうのです。

そして、ママがいないところで小動物や小さい子どもを苛めたりする行為に走ることもあります。更に思春期を迎え、親の背丈を越したとき、親が子どもに殴られることに発展するリスクもでてきます。

LINEで送る