「こだわり派ママ」にはコレ!現役ママが選んだ優秀ベビーカー3つ

168726611

168726611

赤ちゃんができると色々と買い揃える物が出てきますが、中でも高い買い物になるであろうベビーカーは慎重に選びたいものです。

「可愛い色だからこれにしよう」「軽いのが一番!」など単純な思いで選んでしまうと、買ったものの使わなくなってしまったり、最悪買い直し……なんてパターンになるかもしれません。

そこで、今日は昨年夏に第一子を出産した現役ママが、失敗しないベビーカー選びについてお伝えします。

 

■ベビーカーの種類

ベビーカーと一言で言っても大きく分けて2つの種類があります。

●A型・・・新生児から使えて、たくさんの種類がある。対面式にできるタイプも多い。(昔はAB型というリクライニングができるタイプもありましたが今はA型というくくりに含まれるようです)

●B型・・・7ヶ月頃(首・腰が座った頃)以降使用できるタイプ。軽くてコンパクトになるものが多く、A型に比べ低価格なものが多い。

他にもバギーや3綸タイプもおしゃれなデザインが多く人気急上昇中のようです。

 

■どんな時に使うかを「シミュレーション」する

デザイン性も選ぶ基準として重要かとは思いますが、まずは“どんな時に使うのか?”をシミュレーションすることが重要です。

例えば地下鉄やバスの公共機関によく乗る人の場合は以下3つのポイントが重要になってくるでしょう。

(1)ワンタッチで畳める

特に混雑時に乗ることが多そうであればこのポイントは必須。また、駅には意外とエレベーターがなかったりすることが多く、もしあったとしても遠くまで歩く必要があったりするので、そんな時には畳んでエスカレーターを利用することがでてきます。

(2)畳んだ時に独立する

混雑時はもちろんのこと、子供を抱えていたりすると、電車やバス内で畳む必要もでてきます。その場合、独立しないと困りますね。畳んだは良いが独立して立てれないものもあるので各メーカーの仕様をしっかりチェックしておきましょう。

(3)コンパクト

車での移動がメインとなる方はあまり気にならないかもしれませんが、海外メーカーのものなど、種類によっては改札を通れないベビーカーもあります。事前にサイズの確認をしておきましょう。

他にもベビーカーの特徴として、軽い(持ち運びに便利)、ハイシート(地面で舞うゴミやホコリから赤ちゃんを守る)、両対面式(時には景色を見せて刺激を与え、ママも顔も見れて安心ができる)などという特徴が挙げられます。

LINEで送る