保育園入園前に「乳歯」が溶けちゃう!? 虫歯を悪化させるので控えた方が良い食べ物3つ

93474835

93474835

子どものむし歯を気をつけていても、2,3歳頃になるとお友達と遊ぶことが多くなり、お菓子を一緒に食べたりする機会が増えてきます。特に市販のお菓子はママの手作りとは違い、糖分量もコントロールできないので知らぬ間にたっぷりの砂糖を摂取したりしていることがあります。

もし健診で既に「小さなむし歯がある」と先生から言われた場合、どんなおやつに注意すればいいのでしょうか?

そこで今回は、ママ歯科医である筆者が、むし歯を悪化させないための食べ物の注意点と良い歯をつくる習慣についてお伝えします。

 

「3歳」のむし歯有病者率は?

厚労省がまとめた全国乳幼児歯科健診結果によれば、3歳児で、平成18年に1人平均むし歯数が1.06本、むし歯有病者率26.67%だったのが、平成25年には1人平均むし歯数0.63本、むし歯有病者率が17.91%と確実にむし歯は減ってきています。

しかしながら、都道府県で差があったり、健診を受けない、むし歯を指摘されても治療にいかないといった、むし歯のない子と常にむし歯のある子の二極化が問題になっています。

乳歯のむし歯をそのままにしておくと、永久歯に波及してしまいます。子どもの将来のお口を守るために、乳幼児期は基本的な歯みがき習慣や正しい食生活を身につける重要な時期です。ママは、子どものお口の健康の大きなカギを握っているのです。

LINEで送る