あなたの子どもはどっち?子どもが「パパっ子」に育つ家庭の特徴3つ

突然ですが、お子さんはパパっ子ですか? それともママっ子でしょうか? いつもママが子どものお世話をしている家庭では、たまのお休みの日に「パパがいい!」と言ってもらえるのは、とても助かりますよね。

しかし、「パパに見ていてもらえると助かるなぁ……」と思うときに限って、「ママがいい!」となると、好かれるのは嬉しいけれど、正直ガッカリとしてしまうこともあります。

今回は子育てアドバイザーであり、四児の母である筆者が、“子どもがパパっ子になる家庭の特徴”についてご説明します。

 

■子どもにとってのパパって?

ママの腕の中で、眠たくてまどろんでいた赤ちゃんが、部屋に入ってきたパパを見たとたん、半分閉じそうだった目がカッと開き、手足をばたつかせて遊びたがる光景は、見たことがあるのではないでしょうか。

普段仕事で忙しく、中々育児に参加出来ないパパは、必然的に子どもと接する機会が少なくなりがちになるので、子どもにとってお母さんはいつもそこにある安全基地。お父さんは楽しい遊園地のような存在なのかもしれません。

それでは、そんな忙しいパパでも、子どもがパパっこになる家庭はどのような特徴があるのでしょうか。

LINEで送る