あなたの子どもはどっち?子どもが「パパっ子」に育つ家庭の特徴3つ

突然ですが、お子さんはパパっ子ですか? それともママっ子でしょうか? いつもママが子どものお世話をしている家庭では、たまのお休みの日に「パパがいい!」と言ってもらえるのは、とても助かりますよね。

しかし、「パパに見ていてもらえると助かるなぁ……」と思うときに限って、「ママがいい!」となると、好かれるのは嬉しいけれど、正直ガッカリとしてしまうこともあります。

今回は子育てアドバイザーであり、四児の母である筆者が、“子どもがパパっ子になる家庭の特徴”についてご説明します。

 

子どもにとってのパパって?楽しいテーマパーク?

ママの腕の中で、眠たくてまどろんでいた赤ちゃんが、部屋に入ってきたパパを見たとたん、半分閉じそうだった目がカッと開き、手足をばたつかせて遊びたがる光景は、見たことがあるのではないでしょうか。

普段仕事で忙しく、中々育児に参加出来ないパパは、必然的に子どもと接する機会が少なくなりがちになるので、子どもにとってお母さんはいつもそこにある安全基地。お父さんは楽しい遊園地のような存在なのかもしれません。

それでは、そんな忙しいパパでも、子どもがパパっこになる家庭はどのような特徴があるのでしょうか。

 

子どもが「パパっ子になる家庭」の特徴3つ

(1)パパとママが仲良し

いくらパパが楽しく遊んでくれても、ことあるごとにママからパパの、もしくはパパからママの文句が出ていては、子どもはパパになつきません。子どもにとってママは絶対の存在なので、パパは“ママをイヤな気持ちにさせる存在” としてインプットされてしまいます。

逆に、ことあるごとに「パパは力持ちだね」「パパのおかげでおいしいご飯が食べられるね」などとママがパパを褒めることが習慣になっていたり、パパがママを大事にしているところを見ることで、子どもは安心し、パパ・ママどちらでも大丈夫になります。

 

(2) ママが口うるさい

当然ですが、いつも一緒にいるママは口うるさいと思われてしまいガチです。カユいところに手が届くようにあれこれとお世話を焼いてくれるママは大好きだけど……どんなにボロボロこぼしながら食べても、少しくらいお行儀が悪くても、全然口うるさく言わないパパといる方が居心地よく感じて、パパっ子になりやすいです。

(3)夫婦でいる時は、ママが育児を独占しない

普段からオムツ替えもウンチの時は何となくパパにはお願いしにくい、大泣きしたらついパパから赤ちゃんを受け取ってしまう、など、パパに悪い気がしてつい遠慮してしまうと、子どもはパパっ子にはなりません。

なぜなら、子どもは“自分が大変な時はいつもママがそこにいる”と思ってしまうからです。

一見いいことに思えますが、筆者はこれは早々にやめた方がいい習慣だと考えます。これは一種の“育児の独占化”です。パパっ子になる家庭では、ママとパパが一緒にいる時は、平等に子どものお世話をしていることが大きな特徴と言えるでしょう。

 

いかがでしたか。

子どもの育ちには、様々なタイプの大人との関わりがとても大切です。パパにも育児をどんどん任せてみましょう。子どもがパパっ子になると、ママも子育ての負担が少なくなってメリットが多いはずですよ!

【画像】

※ Smolina Marianna / Shutterstock

【著者略歴】

mica・・・夫・姑・4人の子と共にシンガポール在住の子育てアドバイザー。暮らしニスタ、コラムラテ、阪急電鉄ブログでもコラムを執筆中。著者ブログにて、記事の裏話を更新しています!執筆依頼はブログよりどうぞ。

【関連記事】

 

※ 息子を「小さな彼氏♡」扱いするのは危険!? 男の子ママが気をつけたい3つのコト

※ 【パパの子育て実態編】「帰宅時間が遅いパパ」は育児に自信ナシ!? パパでも担当できる3つの育児とは

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

※ 【お腹についた憎き脂肪】今年も水着は無理…と諦めているあなたに![PR]

※ 【まだ悩んでるの?】毎日のおむつ替えや寝かしつけがグッと楽になる方法とは[PR]

 

LINEで送る