年末年始に親子で楽しめる!2歳からOKな「ボードゲーム」2選

年末年始はパパもお休みで、家族でのんびりと過ごすことのできる長期休暇。久々にゆっくりと子どもと遊ぶというパパも多いのではないでしょうか。でも実際は、ブロックをやっている子どもの横でスマホをつい手にとっていたりしていませんか? 

子どもは「パパ、一緒に遊んでよ~」と子どもと同じ遊びをして欲しがりますが、子どものおもちゃだとうまく遊ぶことができない不器用パパがいたりします。

そこで今回は、ボードゲームカフェ『JELLY JELLY CAFE』 オーナーの白坂 翔さんに、年末年始に親子で楽しめる“小さな子どもでも遊べるおすすめのボードゲーム”を教えていただきましたのでご紹介します。

 

2歳からでも遊べる「おすすめのボードゲーム」2選

2歳は幼稚園入園へ向けての準備期間です。言葉は個人差が大きいですが、数や形、色を表す言葉や“大きい、小さい”などの概念は、毎日の生活の体験を通して学んでいきます。

そんな2歳でも遊べるおすすめのボードゲームは、つかみやすい大きさのコマや、鮮やかな色、分かりやすい形を取り入れたゲームです。ゲームを通して実際に色や形、数などを経験しながら学ぶことができます。今回は2つの海外製ボードゲームをご紹介します。

(1)『初めての果樹園』

サイコロを振って出た色と同じ色の果物をバスケットに入れます。カラスの目が出てしまうと、カラスが道タイルを進んでしまいます。カラスが果樹園にたどり着く前に全ての果物をバスケットに入れることができればプレイヤー側全員の勝利です。

大きくてカラフルな果物コマが目を引きます。小さな子どもの手でも握りやすく作られており、手先を使う運動にもなります。ママが色や形を「これは黄色だね」と言葉に表してあげることで、自然に学ぶことができます。

LINEで送る