3歳までの習慣が大切だった!将来「お手伝い上手な子」に育てるための4つのコツ

忙しく動き回るママ、その横でデーンと構える夫、散らかしてママの仕事を増やすだけの子ども。せめて、子どもが少しでもお手伝いをしてくれたら……と思うことありますよね。

お手伝いは“段取りする力・忍耐力・貢献意欲を満たす”などたくさんの教育的意味があります。これを利用しないなんてもったいない!

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が、“子どもにお手伝いをさせるコツ”についてお話します。

 

■幼児期からの習慣づけが大切

子どもが中学生になったからといって、急にお手伝いをさせようとする親がいます。でも、残念ながら今まで習慣づいていなかったことが、ある日突然出来るようにはなりません。

でも、幼い手で家のお手伝いをさせるには限界があります。ですから、お手伝いといっても次のようなことをやらせましょう。

(1)お片付け

玩具を元あった場所、指定席に戻す、これも立派なお手伝いです。1歳でもできます。

(2)棚の上を雑巾で拭く

濡れた雑巾でテーブルや棚の上を拭く。2歳でも可能です。 

(3)タオルを畳む

長方形のタオルを畳み、タオル置き場に置く。これくらいであれば3歳でも出来るようになるでしょう。

「な~んだ、こんなことか」と思われるかもしれませんが、これをやっておくのとやらせておかないのとでは、将来大きな違いになります。

ただ、上手くは出来ないということは心得ておいてくださいね。ここでの目的は上手にやらせることではなく、お手伝いを“経験させる”ことです。

LINEで送る