酸っぱいモノ・甘いモノ「妊娠中食べたくなる食品」の意外と知らない落とし穴って?

215194084

妊娠すると、味覚が変わったり特定のものばかりを好んで食べたくなったりします。つわりの時などは酸っぱいものやスッキリする炭酸飲料などを自然と欲してしまったり。

ですが実は、それらのものにはちょっと怖い落とし穴があることをご存じですか?

今日はヨガインストラクター兼アーユルヴェーダアドバイザーの筆者が、妊娠中つい食べたくなる食品の身体への影響をお話します。

 

■「添加物大国」の日本

食品を着色したり保存するための“食品添加物”。コンビニやスーパーなどで売られている食品の多くに添加物が入っていることをご存じの方は多いと思います。

ですが、実は日本は世界で見ても添加物大国であるという事実はあまり知られていません。厚生労働省の指定添加物リストによれば、指定添加物(合成)449品目、既存添加物(天然)365品目の計814種類もの添加物が現在日本で登録されています。この数は世界一とも言われています。

アーユルヴェーダの発祥地インドでは、元来食品を保存しようという概念があまりなく、筆者がインドに行った時にも添加物が入った食べ物はあまり見かけませんでした。このことからも、アーユルヴェーダでは無添加のもので調理し、それをしかも3時間以内に食べることを勧めています。

LINEで送る