放置すると夜泣きの原因にも!? 赤ちゃんの「鼻水」の上手な取り方のコツ3つ

寒くなってくると、風邪の流行とともに必ず出てくるのが、子どもの鼻水。お熱が出てないと、「鼻水ぐらいなら……」と様子見のママも多いかもしれません。

しかし、子どもの鼻水は放置しておくと、身体にいろんな悪影響を及ぼすことも。鼻水が出始めたら、ひどくならないうちに対処しておくことが大切です。

今日は、“鼻水が赤ちゃんの身体にもたらす悪影響と赤ちゃんの鼻水の上手な取り方”についてお伝えいたします。

 

■鼻水が赤ちゃんの身体にもたらす悪影響って?

鼻水が赤ちゃんの身体にもたらす影響のひとつが、『中耳炎』です。

耳の鼓膜の内側には、鼻と耳をつなぐ耳管と呼ばれる器官がありますが、乳幼児の耳管は太くて短く、鼻や喉についた細菌が耳管を通して中耳に侵入しやすいのです。そうすると、中耳に細菌が感染し、急性中耳炎が引き起こされます。

中耳炎になると、耳が痛くなったり、音がこもって聞こえたりするので、赤ちゃんは機嫌がとても悪くなります。耳の痛さで夜眠れず、夜泣きを繰り返してしまうことも。

さらに、鼻水で鼻が塞がってしまうと、鼻で呼吸がしにくくなります。鼻で呼吸ができないと、口呼吸をするようになります。そうすると、口内が乾燥し、細菌を体内に繁殖させてしまう可能性も。

このように、鼻水ぐらいと放置しておくと、後々身体にいろんな悪影響が出ることになるので、ママは気を付けましょうね! 

LINEで送る