子どもが将来「お金に罪悪感を持つ」ので言ってはならないNGワード3つ

118114921

「お小遣いはまだまだ先」と思っていても、祖父母や親戚から、義理のお年玉が集まってくるのがお正月です。子どもに渡す金額、使い方など、正解は無いだけに、親の頭を悩ませるのがお金の問題ですよね。

そこで今回は、子育てアドバイザーであり四児の母である筆者が、小さな子どもへ伝えたいお金の大切さと、お年玉のあげかたについてお話します。

 

■普段のお金の扱い方が大切!

子ども達は親がお金をどう扱うかをよく見ていて、良くも悪くも吸収します。ですから親が普段からお金を大切にして、ポジティブな考えをもつ事が大事です。

お財布にお札をぐちゃぐちゃに入れない、そこらへんにお財布を放置しない、無駄なものを買わないなどは当然ですが、筆者が気をつけているのは、お金に対して“罪悪感を持たない”こと。

お金に対して卑屈になったり、罪悪感を抱くような言動や使い方は子どもに見せないほうが、お金に対してポジティブなイメージを抱くようになります。

 

■子どもに悪影響なので「言ってはならないNGワード」3つ

(1)「安いからこっちでいいか」

(2)「そんなもの勿体ない」

(3)「いくらかかる(かかった)と思ってるの?」

などは言ってはならないNGワードです。

子どもが少し大きくなって「これ、安いから買って!」などと言出したら要注意です。もしかしたらお子さんは、親のお金の使い方をみて、使うことに対して罪悪感を持ってしまっている恐れがあります。

代わりに、「こっちの色が好きだからこれにしよう!」「美味しかった?それならママもうれしいな!」「買えて良かったね」などとお金を使ったことに対してポジティブな発言をしましょう。

お金は大切で、粗末に扱ってはいけないものであること、そしてお金を使うことは楽しくて嬉しい。そんな風なイメージを持ってもらいたいものですよね。これはお金に困らない人のマインドでもあります。

LINEで送る