子どもとの時間は4~7時間!? 「ワーママの罪悪感」を減らす通園時の秘策とは?

151028462 (1)

働くママは、子どもと過ごす時間が限られています。だからこそ、一緒にいる時間は精一杯愛情を伝えて過ごしたいもの。

ですが実際は、帰宅後はごはんにお風呂、寝かしつけ……と、バタバタと過ぎ去って、気づいたら子どもの寝顔を眺めている、といった日々を過ごしていることと思います。だからこそ、朝の通園時間をより大切にしてはいかがでしょうか?

今回は四児の母であり、子育てアドバイザーである筆者が、“保育園の通園時にこそしてあげたいコミュニケーション”をご紹介します。

 

■「子どもと過ごす時間」は年々減少傾向に

ベネッセホールディングスによる『幼児の生活アンケート』(2015年11月)によると、子どもが家を出て幼稚園あるいは保育園へ向かってから、帰宅するまでの時間は年々伸びる傾向にあるようです。

特にワーママ家庭の保育園児は、家を出てから帰宅するまでの平均時間は9時間34分と、1日の約1/3以上を外で過ごしているそうです。

逆算すると、睡眠時間を8~10時間として、親と過ごせる時間はわずか約4~7時間ほどということになります。

LINEで送る