逆に、不妊の原因になっちゃうかも…! 「ベビ待ち」女性必須のストレス対処術3つ

現代では不妊に悩むカップルが、5組に1組とも10組に1組とも言われています。そんな中、ベビ待ち中に生理がくると毎月「生理きちゃった……」とがっくりとしてしまう方もいらっしゃるかと思います。

不妊にはさまざまな原因が考えられますが、その中の1つとも言えるのが“ストレス”。妊娠力を上げるためにはこのストレスはできるだけ緩和させていきたいもの。

そこで、今日はヨガインストラクター兼アーユルヴェーダアドバイザーの筆者が、そんな不妊に悩む女性のストレスを緩和する方法をお伝えします。

 

■妊娠力UPのために「ストレス」を軽減したい理由とは?

脳の働きで原因をみた場合、人は強いストレス状態に長時間さらされた時、脳の視床下部(女性の場合、排卵や妊娠にかかわる生殖ホルモンの司令塔)は、ストレスから守ることに専念します。

脳がストレス対応に専念してしまうと、生殖ホルモン分泌に手が及ばず、ホルモン分泌のバランスが崩れてしまいがちになり、生理不順、排卵障害などを招く原因につながってしまうと言われています。

ベビ待ち中のママにとっては、毎月生理が来るたびにがっかりしたり、焦ったりしてしまう気持ちもストレスへと繋がってしまいますので、できるだけストレスを緩和し、自然妊娠できる身体作りをしていきたいものです。

LINEで送る