天才児に育って欲しい?専門家が教える「ギフテッドチャイルド」の正しい理解とは

“ギフテッドチャイルド”という言葉をご存じでしょうか? この言葉を日本語で表すと、いわゆる“天才児”のことです。

天才児の中でも、2パターンあり、一生懸命勉強して優秀に育ち「あの子は天才だ」と言われることもありますが、その一方で特に努力もしないで生まれつき天才の子どももいます。

“生まれつきの天才”と言うと聞こえは良いですが、天才であっても何でもできるわけではなく、社会での適応力が低いこともあるのです。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が“ギフテッドチャイルドの正しい理解”についてお話ししたいと思います。

 

■ギフテッドチャイルドとは

ギフテッドチャイルドは和訳で“英才児、優秀児、天才児”などと訳されますが、“勉強が出来る賢い子”ということではありません。

努力に努力を重ねて成績優秀で天才になった人ではなく、“生まれつきの天才”を指します。だから早期教育を一生懸命したからといってギフテッドチャイルドに育つわけではありません。

そして、勘違いをしてはいけないのは、ギフテッドチャイルドだからといって、“何でもできる子ども”という訳ではありません。

桁数の多い暗算が出来たり、3.14159……と円周率を延々と言えたり、ずば抜けた才能を持ちながらも、身の回りの着替え、歯磨、排泄などの身辺自立が出来ていない人もいます。

例えば映画『レインマン』のモデルになったと言われたキム・ピーク氏もそうです。彼は生まれつき脳に障害がありました。そのためすべての生活には大人になっても親の介護がなければ生きていけませんでした。ところがその一方で類まれな記憶能力を持ち、9,000冊以上にも上る本の内容を一言一句、暗記していました。

いわゆる“サバン症候群”と呼ばれる人たちで、知的障害や発達障害がある人の中で特定の分野に限って優れた能力を発揮する人のことを指します。

LINEで送る