経済的不安で「2人目」を迷っている夫婦が知るべき、お得マネー情報

126931871

そろそろ2人目が欲しいけど、子育てに意外とお金がかかるし……と産むべきかどうか迷っているという方も多いのでは? 

食費、被服費、レジャー費など子どもに関する支出は成長するにつれて増えていきますし、将来の教育費も貯めていかなくてはなりません。

今回は、男の子と女の子、2人の子どもの母親でもあるファイナンシャルプランナーの筆者が、“2人目が欲しいけど金銭面が心配で迷っている”という方に向けて、今からできる対策についてお話します。

 

■2人目を産んでも、子育て費用が「2倍」になるわけじゃない!?

初めての子どもでは、何もかも新しく子育てグッズが必要ですが、2人目だと上の子が使っていたものをそのまま使えるケースが多く、ベビー期はそれほどお金がかかるというわけではありません。

2人目を考えているのであれば、ベビーカー、バウンサーなど少し高価なものは、男女どちらでも使えるような色やデザインにしておくのも節約のポイントです。

幼児期以降になるとさすがに男女で同じ洋服というのは難しくなりますが、体操服や学用品など両方で使えるものも意外とあるものです。また、習い事や学習塾では、下の子は入会金不要であったり、授業料割引などのサービスを行っているところもあります。

LINEで送る