歯科医ママに聞いた!赤ちゃんの「歯医者さんデビュー」はいつすればイイの?

152250293

152250293

赤ちゃんのお世話の悩みで多いのが生え始め期の赤ちゃんの歯。初めての子どもならば、一体どうケアしてあげたらよいのか、いつからケアすべきかいろいろ戸惑うことが多いかと思います。

筆者の周りでも、半年を過ぎると「○○が気になるけど、歯医者さん行った方がいいの?」と聞かれることが多いです。

そこで今回は、ママ歯科医師である筆者が、赤ちゃんとママにとって歯医者さんデビューはいつが良いのか、その理由とあわせてお伝えします。

 

■歯医者さんデビュー、「思い立ったら」デビュー時です!

出産と同時にスタートする赤ちゃんのお世話。おっぱいやミルク、沐浴にオムツ替え……。慣れない赤ちゃんのお世話はある程度産院で教えてもらえます。実際にレクチャーを受け、退院後はそれを思い出しながら、いつの間にか半年もすれば慣れるものです。

ところが、たとえ産院などで教えてもらってもあまり頭にあまり残らないのが“お口のケア”です。自治体によっては母親学級などで、生後5ヶ月頃に離乳食やお口のケアについて話を聞く機会がありますが、タイミングが合わなかったり、お熱で参加できなかったりすると、手探りでのスタートとなります。

その後、6~7ヶ月健診、9~10ヶ月健診がありますが、ここでは歯の本数や異常の有無を見る程度。実は1歳半健診まで、歯科医師による歯科健診は空白の期間になってしまう可能性があるのです。

もし、生えてきたときに気になる点があったり、むし歯かなと心配なまま、1歳半健診を待つのでは遅すぎます。

筆者は、歯が生えてきたら、むし歯などお口の中の病気の診察と合わせ、歯磨きやおやつの与え方など、歯を守るケアをプロに教えてもらう“歯医者さんデビュー”をオススメしています。

最近は子連れでも通いやすい歯科医院が増えました。赤ちゃんでも診てもらえるか不安な場合は、電話で確認してから予約すれば安心です。日本小児歯科学会のホームページでは、お近くの小児歯科専門医のいる医療機関を検索することもできます。

LINEで送る