いい夫婦ほどしてる!「仲が深まる喧嘩」「してはいけない喧嘩」の境界線とは

128322935 (1)

128322935 (1)

11月22日は“いい夫婦の日”です。“いい夫婦”のイメージとは、多くの方が“喧嘩をしない仲がいい夫婦”を思い描くかと思いますが、実は本当に仲がいい夫婦ほど沢山の喧嘩をしているのをご存知でしょうか?

でも、皆さんが想像している喧嘩とは少し違っているかもしれません。

そこで今回は、6,000件以上の夫婦問題を解決に導いてきた筆者が、“夫婦仲が深まり、お互い成長できる夫婦喧嘩の仕方”を伝授します。

 

■してはいけない「ダメな喧嘩」、「OKな喧嘩」って?

夫婦なら、どんな喧嘩でもしていいというわけではありません。夫婦は全くの他人とは違いますから、喧嘩の後も同じ空間で顔を合わせることになります。なので、夫婦同士の喧嘩こそ、他人以上に慎重になるべきなのです。

●してはいけないダメな喧嘩

してはいけない喧嘩とは、お互いの身体と心を傷つけ合う誰のためにもならない喧嘩です。例えば、暴力を振るう、人間否定する、両親の悪口、容姿の指摘、このようなことを口にすることで、今後の夫婦関係にヒビが入り、二度と元には戻らないこともあります。

●してもOKな喧嘩

お互いの考えや、思いが理解し合えて解決に繋がる“建設的”な喧嘩です。「何に対して不満を抱いているのか?」「どうすれば改善するのか?」ということを冷静に見極めながらする喧嘩は、その後の夫婦の成長にも繋がり、信頼関係も深まります。

LINEで送る