難産につながるのでしてはいけない「骨盤の歪み」を招くNG習慣6つ

女性にとって大切な子宮を守ってくれている“骨盤”。実は骨盤の歪みが原因で妊娠・出産時に辛い思いをしたり、最悪の場合は難産になってしまうことをご存知でしたか?

今日はヨガインストラクター兼アーユルヴェーダアドバイザーの筆者が“骨盤が歪んでいる人の特徴と、歪んでしまった骨盤への対処法”についてお伝えします。

 

■骨盤が歪んでいる人の特徴6つ

女性の身体は妊娠をすると“リラキシン”というホルモンが出て、靭帯を緩め骨盤を広げることで赤ちゃんがスムーズに産道を通り産まれてくるような仕組みになっています。

ですが、靭帯が緩むということは、同時に骨盤の安定性もなくなってきますので、この時にきちんとした筋力が無かったり歪みがあれば妊娠中に腰や仙腸関節(仙骨の両サイド)に痛みが出ることがあります。

また骨盤が歪んでいると出産時に赤ちゃんの回旋がうまくいかず、なかなか産道を通り抜けれずに難産になることもあるそうです。

下記6つの特徴に当てはまる人ほど骨盤が歪んでいる可能性大です!

(1)脚をよく組む

(2)無意識にお姉さん座りをしている

(3)骨盤を後傾させて座っている(骨盤を後ろ側に倒し、猫背の状態)

(4)階段を使わない

(5)床掃除は掃除機などで済ませ雑巾がけはしない

(6)生理痛がひどく痛み止めを毎月飲んでいる

LINEで送る