離婚の危機にまで発展!? 「子供の教育方針の違い」から起こる夫婦喧嘩の収め方

夫婦が揉める要因の1つに、子供の“教育方針の違い”があります。夫婦ともに、「子供の将来が豊かになるように」と、考えていることは同じであるはずなのに、中には離婚問題にまで話が進んでしまう夫婦もいるのです。

そこで今回は、6,000件以上の夫婦問題を解決に導いてきた筆者が、“夫婦喧嘩になりやすい教育方針の違いと喧嘩の収め方”について、実例を交えてお伝えします。

 

■私と夫の教育方針が食い違って毎日ケンカが耐えません

パート勤務の真里さん(仮名)36歳からのご相談です。

「小学校2年生の息子の教育方針を巡って、夫と意見が食い違っていて毎日ケンカが耐えません。私は、息子が小学生のうちは、宿題や普段の勉強の教え方として、息子が“分からない”と言えば、先に答えを教えて、その後に問題の解き方を教えたり考えさせたりしたいのですが、夫は私のやり方に反対しています。夫は、“何でも直ぐに教えるな”と言います。子供に対しても、“まずは自分で考えろ”と厳しく言い続けるのです。」

このような、日常的な学習方法の進め方の違いによる夫婦のズレは多く見受けられます。ひとつ言えることは、夫婦どちらの考え方も“間違ってはいない”ということです。

ご主人が言う、何でも直ぐに教えてしまうよりも、“自分で考えて答えを導き出す”ことの出来る人になって欲しいという考えも理解できます。

しかし、ここで考えていただきたいのは、お子さんがまだ小学校2年生だということです。“自分で考えて”ということは、過去にそれなりの経験があってこそ成り立つことなのです。

LINEで送る