親のせいで「子どもの個性がつぶされてしまう」かも!アナタの教育法は大丈夫?

179595014 (1)

179595014 (1)

「子どもの個性を伸ばしたい」と言いながら、正反対の子育てをしているママがいます。

例えば、「どうして○○ちゃんのように出来ないの?」と“平均”や“普通”の基準を意識しながら叱ったり責めたりしていませんか?

そうしていると、子どもの個性は伸びるどころかどんどん育たなくなっていくでしょう。

今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が、子どもの個性を伸ばすためにママがすべきことについてお話します。

 

■「平均」に囚われてしまっている親

幼稚園、保育園、学校は集団生活のため、“みんなと一緒に行動できる”ことが良しとされています。みんなと一緒に歌を歌ったり、列を乱すことなく並んだり。小学校にあがるとテストの平均点を基準に“出来る”“出来ない”と評価されます。

そういった場合、“お友達が出来ていること”を自分の子どもが出来ていないとなると親は不安感にさいなまれます。

そして、無意識に子どもの足を引っ張ります。

例えば“絵を描くことが得意だけれど運動が苦手な子”。

たいていの親は、“絵が得意であること”に満足しないで運動音痴であったり、駆けっこでいつもビリだったりする“マイナス面”に囚われてしまいます。そんな子どもが「ママ、絵を描いたよ!」と持ってきても「まあ、上手ね」と口では言いながら目の奥は真剣に喜んでいなかったりします。

子どもには親のマイナスの感情はしっかり伝わっています。

LINEで送る