産後スムーズに働くための「妊娠~出産期の過ごし方」とデキるワーママの共通点2つ

245226991

女性の社会進出がなにかと話題になっていることもあり、現代の多くのママは出産後いずれは「また働きたい……!」と考えている人が多いようです。

株式会社ユーキャンが20~50代の男女654名を対象に行った『女性が輝く日本』に関する意識調査の中でも、“女性の産後の復職”に対して聞いたアンケートで90.6%という圧倒的多数が“賛成する”という結果がでており、社会全体としても女性の産後の活躍を好意的に捉えていることが分かります。

でも、いざ働くことを考えてみると、独身の頃の生活リズムとはまったく状況が違いますから、「子育てをしながら本当にやっていけるのかな……」という不安も出てくるかと思います。

そこで今日は、イキイキと働く現代ママの声を参考に、“働くママのリアル事情と産後スムーズに働くために必要なこと”についてお伝えします。

 

■育休明けの「理想と現実」のギャップに苦しむママも

筆者の友人・知人のママ友は、妊娠・出産を期に勤めていた会社を辞めてしまった人のほうが圧倒的に多いです。

そういうママは、子どもが2歳ぐらいになり子育てが落ち着いてから“働く”ことについて意識が向き始める場合が多いのですが、なかなかすぐには自分の条件にあう仕事を見つけられず、“働きたいけど働けない状態”になっている確率がとても高いです。

中には育休制度を使って職場復帰した大企業に勤めるママもいますが、そういうママも悩みを抱えています。それは、職場復帰してもそれまでのようにやりがいのある仕事をなかなかさせてもらえないということ。

単調な事務仕事ばかりやらされて、時短勤務でお給料もそれまでの半分以下しかもらえず、仕事をすることにまったくやりがいを感じられない日々を送っているそうです。

LINEで送る