親が子どもを叱る時「子どものプライドを傷つける」やってはならないNG行為3つ

199023149

199023149

叱る時、やってはならない叱り方があります。それはプライドを傷つける叱り方です。まだ2~3歳のとは言え、子どもにだってプライドはあります。

パパに比べて子どもと一緒にいる時間が長いママは、特に知らず知らずに子どものプライドを傷つける躾をしてしまいがちです。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が子どものプライドを傷つける、やってはならないNG行為についてお話します。

 

■NG1:人前で叱る

買う予定のないお菓子をポイポイとカゴに入れる、陳列しているほうれん草の葉っぱをプチッとちぎる、そこですかさずパーンと子どもの頭やお尻を叩く親がいます。公衆の面前で子どもに厳しく躾ける親、そして「あら、あら」とその様子を見ている他のお客。

もしかするとこの場面でママは“きちんと躾のできる立派な親”という良い評価を受けるかもしれません。でも、人前で恥をかかされた体験をした子は深く傷つきます。

「悪いことをしてしまった」と反省するよりも“人前で恥ずかしい思いをした”という記憶の方が強く残ります。たとえおとなしくなってもそれは恥ずかしいからであって、“理不尽さ”はずっと後まで残っていきます。

叱るときはサッと腕を掴んで誰も見ていない柱の陰やトイレに連れて行きましょう。そして子どもの目線にしゃがんで「今日はお菓子買わない約束だったよね」「売っている商品を触ってはいけないよ」と厳しい口調で真剣に注意しましょう。

こうすることで、親の注意は子どもの心にしっかりと届きます。カゴから菓子を元の陳列棚に戻したり、商品をいじらなくなります。そしてその様子をみながらただ黙っていないで「ちゃんと注意を守れてお利口だね」とすぐに褒めてあげましょう。

LINEで送る