逆に損してない?プロが教える、子ども用品の「まとめ買い」で得するモノ、損するモノ

143249428

スーパーやドラッグストアなどで買い物する時に、“3個で●●円”というポップを見ると、1つ買うよりお得だからとまとめ買いをすることがありませんか?

ですが、1個あたりの金額が数円~数十円安いからと野菜などをまとめ買いしても、使いきれず冷蔵庫でしなびてしまい、結局使わずにダメにしてしまった……というのはよくある話です。この場合、お得と思って買った商品をお得に消費できていないということになります。

そこで今回は、家計管理に詳しいファイナンシャルプランナーの筆者が、ママが知っておきたい“まとめ買いで得するモノ、損するモノ”についてお話します。

 

食品や日用品のまとめ買い」はメリットが少ない!?

まとめ買いでお得になるといっても、使い切るまでにずいぶん期間がかかりそうな日用品は保管スペースを取りますし、食べきれないほどの食品は鮮度や賞味期限も気になります。

“使いきれないかも……”と思ったら、友人や親戚とシェアするか、それができないなら、たとえまとめ買いの方がお得でも、買う量を減らした方が良いでしょう。目先の誘惑に捕らわれないことが大切です。

 

■単価が高く、まとめ買いで割引率が大きいものはコレ!

紳士服では“スーツ2着目半額“というフレーズをよく耳にしますが、婦人服でもまとめ買いすると割引率が大きくなるセールをやっていることがあります。また、通販化粧品にも、まとめ買いで割引してくれるところがあります。

洋服や化粧品など、単価の高い物はまとめ買いの割引率が大きいので、これらのものは計画的にまとめて買い物をすると良いでしょう。

但し、化粧品はいきなりまとめ買いしても肌に合わなければ無駄になってしまうので、一度使ってみてからまとめ買いをすることをお忘れなく。

 

■「重くてかさばる物」は、ネット通販や送料無料の定期便がおトク

子どもが3歳までは、急な抱っこのおねだりや“買って買って攻撃“で買い物が何かと大変ですよね。重たい物やかさばる物は、ネット通販でのまとめ買いや、送料無料の定期便を利用するのがお得です。

この時期の必需品である紙おむつは、重くてかさばる代表的なもの。ネット通販なら玄関先まで届けてくれるのでラクですし、まとめ買いすれば安くなり、送料もかかりません。但し、サイズが合わなくなる可能性があるので、そろそろ次のサイズになりそう……という時はまとめ買いは控えて、サイズが定まってからにしましょう。

また、『Amazon』では、“Amazonファミリー”の会員になれば、おむつとおしりふきの定期おトク便購入が、いつでも15%割引なのでオススメです。

 

いかがでしたか?

まとめ買いをすると、購入後“たくさんある”と思い、つい多めに使ったりして、「結局、無駄遣いしちゃった……」ということにもなりかねません。お得にまとめ買いをしても気持ちを緩めずに大切に使うようにしましょう。

【関連記事】

ホメオバウ

※ 財布の中身ですぐ分かる!? お金を「確実に貯められる」人「貯まらない」人、3つの違い

※ 食費が節約できて健康も手に入る「黄金の買い物ルール」4つ

ポジティブ思考がカギ!「お金に悩まされない人」がしている3つの行動とは?

※ おしゃれなママは外さない!「美肌・小顔・目力UPが一度」に叶う最新アイテム【PR】

※ 今話題のグラノーラを使った「グラ育」で手軽に美味しく賢く、朝ごはん【PR】

【姉妹サイト】

※ 誰にも言えない…!隠れて作った借金を家族にバレずに返済するには[PR]

※ 幼活・保活はもう始まってる!? ママの「幼稚園選び」3つのポイント

※ なんと96%が実感!? ダイエッター女子に大人気の●●ダイエットとは?[PR]

※ 二の腕ヤバい…1日たった2回で驚くほどスッキリ腕を作る「ネジネジ体操」と

【画像】

※ racorn / Shutterstock

【著者略歴】

※ 福島佳奈美・・・大学卒業後、情報シス テム会社で金融系SE(システムエンジニア)として勤務し、出産を機に退社。結婚、出産、育児…と目まぐるしく変わる生活の中で、慣れない家計管理に頭を 悩ませ、子育て中の2006年にファイナンシャルプランナー(CFP®)資格を取得する。保険、住宅ローン、教育費、老後資金などのお金に関する話を教わ る機会はなく、知らなくて困っている人がいるのではないか、と思いFPとして活動することを決意。その後、子育てママ向けセミナー講師、幅広いテーマでの マネーコラム執筆、個人相談などを中心に活動。身近なお金の話を分かりやすく伝えることを得意とする独立系FP。二児の母

LINEで送る