英語は出来て当然!我が子を「世界で活躍する人」に育てるために幼児から出来るコト

日本の公立小学校でも低学年から英会話クラスが取り入れられるようになり、子ども英会話教室やインターナショナルスクール入学などが盛んになってきました。一方で、日本語も完全にできない内から英語を取り入れると両方中途半端になってしまうと危惧する意見もあります。

しかし、既に日本でも英語を公用語にしている企業もいくつかあり、加速するばかりのグローバル化の世の中で英語ができるかできないかは、子どもの将来を大きく左右することです。

今回は、これから様々な分野で世界に羽ばたく日本の子ども達の国際的競争力を持った英語力を身に付ける方法を、留学、海外勤務、バイリンガル子育てなどを通して国内外の“日本人英語事情”に精通している著者がご紹介します。

 

■子どもの将来の夢が何であれ必要な英語力

これからの英語教育で注目すべき点は、その目的が語学専門家になるためのものではなく、あくまでツールとしての英語を学ぶということです。各自の専門分野での高度な知識を持った上で世界にアピールできる英語力が問われる時代です。論文1つを書くにしても最初から英語で書けば即座に世界に発信できるのです。

国を代表するような職種のみならず、一般の誰もが日本を代表し、国内外の外国人たちに主張をしていかなくてはなりません。今は、シンガポール等のように子どものうちから完璧な英語ができることが国際基準です。日本人としてのアイデンティティを保ちつつ英語瞬発力を持ったバイリンガル脳を育むことが急務なのです。

LINEで送る