医者いらず!? 「風邪」を引いた時に役立つ、薬に変わる食べ物3つ

215557747

215557747

これからの時期、子どもたちは特に風邪をひきやすい季節ですが、ちょっとした風邪で病院に行くと、小児科や薬局での待ち時間の長さに余計に疲れてしまう……なんてこともありますよね。

また、ママが体調を崩した場合は、日中の家事が滞って家族のサポートが必要になったり、様々な影響が出るため、風邪は早めに完治させたいもの。

そんな時に頼りにしたいのが、昔から伝わる身近な食材をつかった風邪対策。

今日は、4世代大家族育ち、現在は夫の家族と4世代ご近所暮らし中の筆者が「あれ、風邪かな?」と思ったら試したい、おばあちゃんの知恵袋的な風邪薬に変わる食べ物をご紹介します。

 

■これは試したい!おばあちゃんの知恵袋的「風邪に効く食べ物」3つ

(1)はちみつ大根

昔から咳止めとして、重宝されてきたのが、“はちみつ大根”。はちみつを使用しますので、1歳以下のお子さんには適しませんが、ママや子どもが「あれ、ちょっと喉がイガイガする」と感じた時や2~3歳のお子さんにもおすすめです。

作り方はシンプル! 皮をむき、1~2センチ角に切った大根にはちみつをからめ、1~2時間待つだけ。

これから冬にかけ、生の大根は甘くおいしくなっていきますが、それでも大根のしっぽは子どもには辛いかもしれません。頭の方が子どもにはより食べやすい味です。

LINEで送る