【幼児編】せっかく芽生えた「文字への学習意欲」が下がってしまう親のNG教育法とは?

103156841
突然ですが、“も”を正しく書いてください。カタカナの“モ”は横二本を先に書きますが、ひらがなの“も”は縦が先です。30%くらいの大人がひらがなであっても“横棒二本”から先に書いています。

さて、我が子が文字に興味を持ち書き始めたとき、メチャクチャな筆順で書いているとつい叱りたくなりますよね。でも、“ちゃんと書かせよう”と親が意気込んでしまうと、せっかく芽生えた興味関心の芽がしぼんでしまうことがあるんです。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が、子どもが文字を書き始めた時にしてはならないこと、すべきことをお話します。

 

■間違えても「書き直し」をさせるのはNGな理由

「ママのお顔を描いた」と髪の毛がチリチリ、顔から手と足が出ている首のない人間の顔を描いても、たいていの親は「わあ、嬉しいわ」「上手に描けたわね」と目を細めて子どもに喜びを伝えると思います。

「ちっとも似ていないじゃない!描き直し!」「ほら、ここ首がないわよ」「書く順番が違うわよ、まず輪郭から描くのよ」と叱るママはあまりいないでしょう。

でも子どもが成長して文字を覚えていくと、間違って書いているのをみて「ほら、ここは飛び出してはダメよ」「筆順が違うわよ」と注意したくなります。中には赤いペンを持って添削するママもいます。大人には“文字を書くことはお勉強、絵を描くことは遊び”という固定観念があるからです。

でも、絵も文字を書くことも子どもにとっては同じ遊び、表現活動です。

同じことをしているのに方や褒められ、方や叱られると、子どもにとって文字を書くことがだんだんと“嫌なお勉強”になっていきます。

 

LINEで送る