言いなさい!ビーム出してない?我が子の「本音」を聞き出す秘訣とは

shutterstock_107322404

shutterstock_107322404

おとなしい子、自己主張が出来ない子、血の通った親子でも子どもの本音をなかなか聞き出すことが難しい子どもがいます。

3歳くらいまでは自分の気持ちを素直に表したり自己主張していても、次第に成長し親の立場がわかってくると本心を親に伝えない子どももいます。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が“子どもの気持ちを聞き出す秘策”についてお話します。

 

■子どもの本音を聞けない質問の仕方・導く聞き方

長い夏休みを終えた後「明日から幼稚園に行かない?行く?」と聞くと「行く」と答えることがあります。これを学校や幼稚園に行きたがっていると勘違いしてはなりません。 

親は気持ちを聞いたつもりでも、子どもは単に“スケジュール”の話として「明日から幼稚園に行くよ」と言っているのかもしれません。

では、どうすれば良いのでしょうか。 

「明日から保育園が始まるね。夏休みがずーっと続くのが嬉しい?明日から幼稚園の方が嬉しい?」と質問しましょう。

更に子どもの回答を誘導する高度な聞き方もあります。それは質問項目の“順番”がポイントです。

人間は機械的に後者のフレーズが印象に残るもの。その法則を利用して質問をすると、子どもは、オウム返しして「明日から幼稚園の方が嬉しい」と答えるかもしれません。

 

LINEで送る