ハーバード大学が発表!働くママのもとで育った子どもが将来「高キャリア・高収入」になるワケ

shutterstock_113453149

ワーキングマザーを取り巻く環境は徐々に改善されてきてはいるものの、子どもを持ちながらの仕事は本当に大変なことが多いですよね。帰宅が夜遅くなる日が続いたり、思うように子どもの面倒を見られないときなど、子供の寝顔に向かって「ごめんね」と涙を流すママもいるでしょう。

でも、実はワーキングママって知らず知らずのうちに“子どもに良い影響を与えている”という研究結果があるのです。

今回は、ハーバード大学ビジネススクールが発表した“仕事をもつ母親が子どもに与える恩恵”をご紹介。現在働いているママも、これから仕事に復帰しようと考えているママも、胸を張って仕事ができるうれしい情報をお届けします。

 

■働く母を見て育つと、女の子は優秀なキャリアウーマンに!

ハーバード大学が先進国24カ国に暮らす女性13,326名、男性18,152名を対象に行った調査で、ワーキングママのもとで育った娘は、専業ママの娘と比較して高収入であることが判明しました。また、監督責任のある重要なポストを任される割合も多く、バリバリのキャリアウーマンになる可能性が高くなるとのこと。

キャリアウーマンといえば「育児まで手が回らないのでは?」というような声も聞こえますが、ワーキングママは週に平均17.7時間を家族の世話に、17.8時間を家事に費やしており、家族のために使う時間は専業ママとほとんど変わらないのです。

女の子は、子どもの面倒をしっかり見ながら外でもバリバリ仕事をするママの姿を目に焼きつけ、将来のスーパーキャリアウーマンの素養を身に付けていくのですね。

LINEで送る