一般平均より50分長い!? アスリートの睡眠時間に学ぶ、忙しママでも効率良く睡眠をとる方法!

142335877

142335877

いよいよ秋本番。運動会シーズンでもある秋は、日頃運動不足の方が、健康について改めて考えるいいチャンスでもあります。健康であるために必要不可欠な要素は、何と言ってもよい睡眠です。

よく眠れなかったり、睡眠時間が短かったりすると、せっかくの一日が台無しになってしまうこと、ありますよね。

寝つきが悪くて睡眠時間が不十分だと、朝が辛くて起きられず、体内時計は崩壊していきます。そして眠れないから昼間の効率が悪い、効率が悪いから寝るのが遅くなる、遅く寝たからまた起きられない、という負のスパイラルへと陥ります。

そこで今回は、普段育児でなかなか睡眠がとれないママへ、質の良い睡眠をとるコツとその影響についてお伝えします。

 

■やっぱり運動!睡眠に与える「好影響」とは

味の素株式会社と公益財団法人日本オリンピック委員会がアスリート110人を対象に行った調査によれば、継続的に適度な運動を行うと、睡眠の質が安定して向上すると報告されています。

睡眠の質が向上すること以外にも、早寝早起きの方向に体内時計が変化するなどの効果もわかっています。ポイントは、“継続的に”かつ“適度な”運動を行う、ということ。

急な激しい運動は、かえって健康を妨げるためNGです。適度な運動で、適度に疲れる。そのことが睡眠・生活の質を上げることへつながります。

実際に筆者はかなり寝付きが悪い方なのですが、数カ月前からヨガを始めたところ、レッスンのあった日はストンと眠れるようになりました! 運動と睡眠の深い関係を実感しています。

 

LINEで送る