【しつけ・教育方針】家庭内でブレてない?「子どもを戸惑わせる」親のNG育児とは

Happy mother and daughter

トイレの後、便器の蓋を閉めるか開けたままにしておくか。食事中、食べたものからドンドン下げて即、洗うか、寝る前に洗うか。このような生活習慣は育った家庭環境により異なります。夫婦は元々、赤の他人ですから習慣の違いは仕方のないことと言えます。

でも、子育てに関して夫婦の対応が違う、舅・姑の対応が違うのはちょっとまずいです。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子がしつけ方針のブレがある家庭が子どもに与える影響についてお話します。

 

■しつけの方針が一致しない同居人

結婚し、共同生活者となったら些末なことですれ違いが起こりますよね。もしお姑さんが同居していたらなおさらです。

そうなると、子どもへの対応も微妙に変わってきたりします。

例えばこんな具合です。

・子どもが食べ物の好き嫌いをした場合、ママは「残さずに食べなさい」と許さないのに、パパは好きなものだけを食べていればいいと言う

・お祖母ちゃんは湯水の如く甘い菓子を与えるけれども、ママは甘いものを禁止する

・パパとママは玩具は誕生日とクリスマスの年2回と決めているのに姑は外出の度に買い与える

 

LINEで送る