それだけは絶対やっちゃダメ!「合格」するためにお受験ママが気を付けたいコト3選

shutterstock_309122234

今では特別ではなくなった”受験”。子どもの将来のため、小学校受験を考えている親御さんも多いのではないでしょうか? 学校説明会も終わり、そろそろ面接を控えている方も多いのでは?

親としては、”子どもの人生がかかっている”と思うとどうしても気合が入ってしまうもの。しかし、子どもにとってその期待がストレスになってしまっているかもしれません。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子がお受験ママが陥りやすいことについてお話ししたいと思います。

 

■夢中になっているのは親、子どもは無関心

”受験”に対してお子さんは積極的でしょうか? 親だけが夢中になってしまってはいませんか?

もちろん、まだ幼いお子さんに全てを理解してもらうのは難しいでしょう。しかし夢中になるべきなのは受験をする本人です。

あれこれ課題に取り組ませようとして夢中になっているのは親、小学校受験の戦闘モードに入るママ。子どもは渋々引きずられていて明後日の方向を見ている状態・・・。それでは、子どものためになりませんよ。

 

 ■子どもが”受験に合格”するために親がすべき大切なこと3つ

親として、子どもには合格してほしいですよね?一体、受験する際に親が出来ることは何なのでしょう?今回は、合格するために親すべき大切なことをお教えします。

(1)出来ないことに対して怒らない

 受験塾の模擬試験、正解したらママの顔が晴れやかになり、間違うと一瞬にして曇る。子どもはそんな親の態度をちゃんと見ています。「間違えたら、ママに怒られる」と感じてしまうと、次第に子どももストレスになります。そして「受験が終わり一刻も早くこの状況から抜け出したい」と思っています。これでは学習意欲も減退ですよね。

ましてや、 受験の面接官はプロ中のプロ。「意欲がない」「すぐ親の顔を見る」「ぐにゃぐにゃしてい目が死んでいる」と直ぐに見抜きます。生き生きとしていない「本校の生徒として受け入れたくはない」と思っています。

そのためにも、当人が夢中になるように導くことがポイント。不正解でもママは決して不愉快な顔をしないこと、頑張っていることを認めましょう。そして受験勉強そのものが知的好奇心が満たされて嬉しいと感じさせることが大切です。そうすることで、「勉強は楽しい」と思ってもらうことができますよ。 

 (2)家族みんなで「受験」に参加すること

ある家庭の食卓での会話。

 ママ「絶対に私立○○小学校でないとダメ!あの小学校に入学出来なければ人生台しよ~」

 パパ「小学校なんてどこだって同じじゃあないか!地元の公立でいいじゃないか~」

家族の教育方針が全く一致していません。父親は単なる傍観者。そんなことになってしまってはいませんか?

面談する学校長は何十年、多くの親子を見ているプロです。取り繕っていても見抜きます。付け焼刃的に家族で一致している風を装っていてもバレバレ。教育に関してママ任せでパパが無関心であることが伝わります。せっかく子どもがきちんとした面接ができても、親が出来ていなければ台無しです。

子どもだって、両親が応援してくれることで頑張れるのです。家族全員で”受験”に望みましょう。

 (3)たくさんお友達と遊ばせること

小学校受験の選抜試験の”行動観察”というものがあります。実はペーパー試験や面接よりも合否に関わる大切な試験です。この行動観察では、周りの子のことを考えて行動できるか、リーダーシップ性があるか、自分勝手な行動はしないか、傍観しているだけではないか?

そんな細かいことまで見られています。しかしこれは”面接が近くなってきたから”といってすぐにできるようになるものではありません。特にまだ幼稚園生では自分の欲求をそこまでコントロールできる子は少ないでしょう。

そのためにも、前々からたくさんの友達を触れ合い、幼いころから人間関係を学ぶ必要があります。自分の子供が、友達と喧嘩してしまったり、うまく遊べていないようなら、「お友達が使っていたおもちゃ取ったら、お友達かわいそうじゃない?」「仲間に入れてって話かけてごらん」などそっとアドバイスをして友達関係が上手く築けるように手助けをしてあげましょう。

 

いかがでしたか。

この3つを押さえることが合格への近道です。決して子どもに”受験”を押し付けてはいけません。子どもが楽しく受験することができるように手助けしてあげるような気持ちで受験に望みましょう。

 

【関連記事】

asmil

kagome3

受かっても人生台無し!? せっかくのお受験経験を「マイナスにしてしまう」親の特徴とは

※ 私ってダメママ…子どもを怒鳴りすぎて自己嫌悪に陥る必要が「実はまったくない」理由

※ 絶対にやめて!どんどん子どもの行儀が悪くなる親のNG行動5つ

※ 何から始めたらいいの!? 新入学準備で外せないポイント3つ[PR] 

※ もう肌トラブルで悩まない!あなただけのオーダーメイド化粧水の作り方って?[PR]

【姉妹サイト】

※ 恐るべしすっぽんパワー!1日たったの100円で肌年齢が20代!?[PR]

※ 貯め時を間違えると大変!子どもを大学まで行かせる貯金計画の立て方 

※ なんと96%が実感!? ダイエッター女子に大人気の●●ダイエットとは?[PR]

※ 二の腕ヤバい…1日たった2回で驚くほどスッキリ腕を作る「ネジネジ体操」とは 

【画像】Yuganov Konstantin / shutterstock

【参考】

立石美津子(2014)『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』(日本実業出版社)

【著者略歴】

立石美津子・・・専門家ライター。32歳で学習塾を起業。現在は保育園、幼稚園で指導しながら執筆・講演活動に奔走。自らは自閉症児の子育て中。著書に『小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと』『読み書き算数ができる子にするために親がやってはいけない104のこと』『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』『「はずれ先生」にあたった時に読む本』『一人でできる子が育つ「テキトーかあさん」のすすめ』

LINEで送る