絶対にやめて!妊娠中にアルコール摂取の多かった母親の子どもは「IQが低い!?」オドロキの理由

198668486

女性の社会進出が進み、今ではほとんどの女性が就職をするようになりましたね。就職すると職場での付き合いなどでお酒を飲む機会が増え、仕事をするようになってお酒を覚えたと言う人も多いでしょう。

特に仕事の後のお酒はおいしく感じられ、リラックス効果もありますね。でも結婚して、もし妊娠がわかったら、お酒を控えるべきでしょう。

昔から言われていることかもしれませんが、ではなぜ良くないのか、どんな影響があるのかをご存じでしょうか?

今日は、『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』の著者で、日本と欧米の優れた点を取り入れたしつけを提唱している平川裕貴が、妊娠中のアルコール摂取が及ぼす子どもへの影響をお話します。

 

妊娠中にアルコール摂取の多かった母親の子どもは「IQが低い」!?

最近の研究によると、母親が妊娠中にアルコールを摂取したかどうかは、新生児の胎便(最初の便)でわかるそうです。

ほとんどの母親は、妊娠中にどれくらいお酒を飲んだかは正直には言わないようですが、便に含まれる脂肪酸エチルエステル(FAEEs)のレベルでわかるのだとか。

この胎便のFAEEsレベルが幼年期と青年期の認知機能の発達にどのような影響を与えるか、プロジェクトチームは1990年半ばから20年間追跡調査をしたそうです。

その結果、FAEEsのレベルが高かった子は、IQが低く、知性や物事を推理する力など認知機能に障害が出る可能性が高いとのこと。

LINEで送る