妻はOKなのに夫が拒否!? カウンセラーが教える、今どき夫婦のリアルな「レス問題」と対処法

207052801

「結婚前はもっと夜のスキンシップがあったのに、最近めっきり……」そんな他人に言えない悩みを抱えている人は意外に多いようです。

子どもの有無に関わらず、日本人のセックスレスの悩みは深刻となっています。

悩んだ末に女性から意を決して誘ってみたのに、結果夫から拒否され、誰にもセックスレスとは言えずに1人悩んでいるというのはとても辛いもの。

中には「もう一生、女として生きることはできないのかもしれない」と自分を追い詰めてしまう人もいます。

今日は、元看護師で妊活、レス改善カウンセラーの筆者が、レスで悩む女性の心理と男性のホンネ、そして夫が拒否をした時の対処法についてお伝えします。

 

■レスだからと言って、あなたが「愛されていない」わけではない!

妊活女性の中にもレスの悩みを抱えている人がいますが、産後ママも含め、レスの悩みは現代の多くの女性が抱えている問題です。

日本は思春期の性教育が少なく、そのため性の話に関して閉鎖的に育った環境の中では、誰にも相談できず悩んでいる人が多いのです。

悩んだ末がんばってこちらから誘ったのに、

「ごめん、今日は無理」

「子どもを持つ気はないから」

など、もし夫から拒否された言葉をもらったらそれは大変ショックなことです。

女性の中には、「生きる気力すら失った」と表現する人までいるぐらいです。

しかし、これを夫の立場から考えてみるのはいかがでしょうか。

女性側から頂く悩み相談の場合の多くが、「どうやったら、夫が誘ってくれるか?」といった相談なのですが、向き合う点は本当はそこではなく、「どうして、夫はセックスを拒むのか?」この視点に変えることで、見える世界は変わってきます。

 

LINEで送る