子どもに「●●しちゃダメ!」と言えばいうほど「絶対にやらかす」本当の理由とは

65532451

「●●しちゃダメ!」「××しないの!」と否定的な言葉を使ったしつけをしてはいけないとよく言われますが、その理由をきちんと理解していますか?

ただ、教育書や育児本にスローガンのごとく書いてあったからなんとなく実践している、という親御さんもいるのではないでしょうか。でもそれでは、効果半減です。

今日は『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者・立石美津子が、否定的な言葉がいけない本当の理由についてお話しします。

 

■「ダメ」と言われるとダメなことに集中してしまう

子どもに「牛乳を“絶対に”こぼさないで!」と言うと、ぜったいにこぼします。

なぜかというと、「こぼしてはいけない!」と思えば思うほど、“こぼさないこと”に神経が集中してしまうのが人間だからです。これは大人でも同じことなのです。ウソだと思う方は、実際に次の二つの実験を行ってみてください。

実験1: サングラスをかけた猿

「サングラスをかけた猿を明日まで思い浮かべてはならない!」と命じられたとします。すると、ご飯を食べているときも寝るときも思い浮かべてはならないはずの“サングラスをかけた猿”を思い浮かべてしまいます。これは、振り払っても、振り払っても脳裏に浮かんでしまうはずです。

実験2 :20cm幅の線

床に書かれた20㎝幅の線の上を歩いてみましょう。おそらくカンタンにできるはずです。けれども、20㎝幅の“平均台”だと……床に書かれた線の時ほど上手く歩けないはずです。さらに谷に渡された20㎝幅の板の上を歩けと言われたら……おそらく足が震えて落ちてしまうでしょう。

このように、「失敗しないように」と言えば言うほど“失敗してしまうこと”に意識が向いてしまい、結果的に失敗してしまうのです。

 

LINEで送る