赤ちゃんは「うま味」が大好き!味覚を育てる離乳食作りのポイントとは

173523623

離乳食が始まると気になるのが赤ちゃんの味覚ですよね。

「最初は素材だけの味で食べてくれたのに、最近なんだかたべてくれない……。どんな味付けなら食べてくれるのかしら?」と頭を悩ませているママも多いのではないでしょうか?

そんな時、市販のベビーフードのような濃い味のものを与えるとパクパクと食べてくれるものですが、安易に濃い味に慣れてしまうのもちょっと心配ですよね。

そこで今回は、ママ歯科医師である筆者が、赤ちゃんの味覚を育みながら上手に離乳食を食べさせる方法をお伝えします。

 

■ 赤ちゃんは「うま味」がお好き?

味には甘味、塩味、酸味、苦味、うま味の5種類があります。赤ちゃんはこの5つの味のうち、どの味が好きなのでしょうか。

赤ちゃんが生まれて初めて出会う味と言えば……そう、母乳ですよね。母乳ってなんとなく甘そうだから、赤ちゃんは単純に甘味が好きだと思っている方も多いのではないでしょうか。

実は、うま味インフォメーションセンターの資料によると、母乳には甘味もさることながら、なんと母乳にはうま味がたっぷりと含まれているそうです! 

しかも、驚くことに羊水にも母乳よりは少ないですが、うま味成分のグルタミン酸が含まれており、お腹にいる時から赤ちゃんはうま味を感じているそうです。

同資料では、赤ちゃんに甘味、うま味、酸味、苦味の4種の味を与えた時の表情の変化を比較した実験も行われています。

赤ちゃんに、甘味とうま味を与えた場合“穏やかな表情”になり、酸味と苦味をあたえると“顔をしかめる”という結果が出ています。

つまり、赤ちゃんは慣れ親しんだ母乳にたっぷり含まれた甘味とうま味が大好きなのですね。母乳はママが食べたものの風味の影響を受けるといわれています。ママが色々なものをバランスよく摂取することで、赤ちゃんの味覚も豊かに育っていくのです。

 

LINEで送る